他のチェックポイント

数ある風俗店の中でも、ソープランドやファッションヘルスなどの店舗型風俗店では、プレイルームの設置されたお店に出勤して仕事をすることとなります。

その一方で、デリヘルなどの無店舗型風俗店の場合、お店の用意した事務所や風俗嬢の自宅、お客さんから指定された場所などで待機し、派遣先へと出向いてサービスを提供します。そのため、無店舗型のお店では、待機する場所によって交通費の有無や金額に違いが生じて来ます。したがって、デリヘルなどの面接を受けるに際しては、待機場所がどこになるのか、交通費が発生する場合には支給の可否についても確認しておくことをおすすめします。

デリヘルなどの風俗店の面接は、一般企業の採用試験のように、スーツスタイルが定番という訳ではありません。とは言うものの、風俗店の面接だからと言って、あからさまにセクシーな衣服を着用する必要もありません。風俗店の中には、お店のコンセプトに合う服装を指定するところもありますが、そのような制約がない場合、とにかく清潔な印象を与える衣服を着用することが大切です。

また、風俗店の面接でよく聞かれる質問に対する回答をあらかじめ用意しておけば、本番で緊張し過ぎずに済むでしょう。